コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神記物 てんじんきもの

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんきもの【天神記物】

浄瑠璃,歌舞伎脚本の一系統。菅原道真(菅丞相)と藤原時平の確執,道真の九州大宰府への流罪という史実にまつわり,飛梅伝説,雷神伝説,また天満天神縁起などがある。これら道真の事蹟を浄瑠璃や歌舞伎にとり入れて脚色したもの。演劇脚本の上では能の《雷電》が先駆作。近世に入り,《天神本地》《天神御出世記》などの古浄瑠璃の曲名が伝えられているが,上演年月や演者など明らかでない。加賀掾の演目の中にも《天神御本地》を伝えるが内容不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android