コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神髷(読み)テンジンマゲ

大辞林 第三版の解説

てんじんまげ【天神髷】

女性の髪形の一。髷を二分して左右に輪をつくり、根元に立てた簪かんざしに余りの毛をかけて止めるもの。天神結び。天神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天神髷の言及

【髪形】より

…遊女や芸者など粋筋は兵庫髷系統か島田髷を結ったが,生娘の島田髷とでは趣が違って,根を下げた根下り島田,投げ島田,髷の中央をくぼませるつぶし島田などが結われた。また遊芸師匠や鳥追のような女性は天神髷,三つ輪,おさふねなどを結った。 男性の髪形は近世になると,それまで一つの系統であったものが大きく変化した。…

※「天神髷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android