天神髷(読み)テンジンマゲ

大辞林 第三版の解説

てんじんまげ【天神髷】

女性の髪形の一。髷を二分して左右に輪をつくり、根元に立てた簪かんざしに余りの毛をかけて止めるもの。天神結び。天神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんじん‐まげ【天神髷】

〘名〙 婦人の髪の結い方の一種。幕末から明治にかけてはやった、きわめて庶民的な結髪。銀杏返しに似てその髷の中央を毛髪で巻き、一粒玉のかんざしで止めたもの。天神結び。天神返し。てんじんわげ。天神。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「其の頭にのって居た天神髷(テンジンマゲ)は最早銀杏返しになって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天神髷の言及

【髪形】より

…遊女や芸者など粋筋は兵庫髷系統か島田髷を結ったが,生娘の島田髷とでは趣が違って,根を下げた根下り島田,投げ島田,髷の中央をくぼませるつぶし島田などが結われた。また遊芸師匠や鳥追のような女性は天神髷,三つ輪,おさふねなどを結った。 男性の髪形は近世になると,それまで一つの系統であったものが大きく変化した。…

※「天神髷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android