コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天秀法泰 てんしゅう・ほうたい

1件 の用語解説(天秀法泰の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

天秀法泰

没年:正保2.2.7(1645.3.4)
生年:慶長14(1609)
江戸初期の臨済宗の尼。父は豊臣秀頼,母は成田助直の娘。元和1(1615)年の大坂落城の際に捕らえられ,一時千姫(天樹院)の養女となったが,同年鎌倉東慶寺の瓊山法清の付弟として入寺。寺伝では20世住持とされる。円覚寺黄梅院の古帆周信のもとに参じ,また品川東海寺開山の沢庵宗彭に参禅しようとしたこともあった。寛永20(1643)年,会津領主加藤明成と対立して追われた老臣堀主水の妻子が東慶寺に逃げ込んだとき,明成が追手を差し向けて身柄を拘束しようとしたので,天秀は天樹院に訴え,明成を所領没収に至らしめている。東慶寺のいわゆる縁切寺法が整備されるのは,豊臣氏の血を引き,将軍徳川家とも俗縁を有した天秀の入寺に負うところが大きかった。<参考文献>『東慶寺由緒書』『東慶寺文書』『鎌倉市史社寺編』,井上禅定『駈込寺東慶寺史』

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天秀法泰の関連キーワード崇伝正韵淡海昌敬宙外玄杲柘植与一東漸宗震春沢宗晃広叔元運済家天秀法泰尼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone