さす(読み)サス

  • さ・す
  • 助動

デジタル大辞泉の解説

焼き畑のこと。武蔵国に多くある「指谷(さすがや)」という地名はこれに基づくといわれる。
[動サ五(四)]動詞「させる」に同じ。「にせめてぜいたくを―・してやりたい」
[動サ下二]動詞「させる」の文語形
[助動][させ|させ|さす|さする|さすれ|させよ]上一段・上二段・下一段・下二段・カ変・サ変動詞の未然形に付く。
使役の意を表す。せる。させる。
「これはいさめる馬なりとて、鞍を置きかへさせけり」〈徒然・一八五〉
動作を他に任せておいて、結果的にそうなることを表す。…に任せる。→させるしむしめるせる
「馬の腹射させて引き退く」〈平家・一二〉
(多くあとに「たまふ」など尊敬の意を表す語を伴って)尊敬の意を強める。…なさる。
「二月の二十日あまり、南殿の桜の宴せさせ給ふ」〈・花宴〉
(謙譲語「聞こゆ」に付いて)謙譲の意を強める。お…申し上げる。→聞こえさす
「今一度かく見奉り聞こえさすることもなくてや」〈・行幸〉
[補説]「さす」は上代から近世まで広く用いられたが、1の用法が原義。近世以降は四段型にも活用する。2は中世の軍記物語の類に多くみられる武者言葉の一用法。34は中古以降の用法で、3の「させたまふ」「させおはします」「させらる」などは高い敬を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 焼き畑のこと。武蔵国(東京都・埼王県)に多くある指谷(さすがや)という地名はこれに基づくという。
※地名の研究(1936)〈柳田国男〉地名考説「小石川指ケ谷町のサスは亦焼畑の義である」
[1] 〘他サ五(四)〙 人にある動作をするようにしむける。させる。
※歌舞伎・傾城仏の原(1699)一「内へ呼んで話をさして顔を俺に見せよ」
[2] 〘他サ下二〙 ⇒させる〔他サ下一〕
〘接尾〙 (四段型活用)
① 他動詞の連用形に付いて、その動作を中途でやめる意を表わす。…しかける。…し残す。
※伊勢物語(10C前)一〇四「見さしてかへり給ひにけりとなん」
※打聞集(1134頃)公野聖事「汝前生に此経を書奉りしに書さして死也」
② 自動詞の連用形に付いて、その動作が中途でやんだままの状態であることを表わす。…し残る。…しかかる。
※源氏(1001‐14頃)宿木「さてもいつばかり思い立つべきにか〈略〉と、心とりに聞え給へば、しばし入りさして」
〘助動〙 ⇒させる〔助動〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のさすの言及

【脂燭】より

…〈職員令(しきいんりよう)〉の主殿寮(とのもりよう)にみえる灯燭の義解(ぎげ)に〈油火を灯となし,蠟火を燭となす〉とみえ,藤原頼長の《婚記》には〈布の脂燭をとりて前行す〉として布製を示している。先端に点火することを〈さす〉といい,室内で数多く用いるときは代りの脂燭を土器に盛って折敷(おしき)に据えるのを例とした。また,《鎌倉年中行事》には足利成氏の移徙(いし)(転居の敬語)に〈面々参る,松明の紙燭のもとなり〉とあって,これを〈蠟燭なり,松明と云ふ字は御祝言によつて此の如く書くなり〉と説明している。…

※「さす」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さすの関連情報