コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逐電 チクデン

デジタル大辞泉の解説

ちく‐でん【逐電】

[名](スル)《古くは「ちくてん」とも。いなずまを追う意》敏速に行動すること。特に、すばやく逃げて行方をくらますこと。「公金を横領して逐電する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくてん【逐電】

( 名 ) スル
〔「てん」は漢音〕
ちくでん(逐電) 」に同じ。 「早先立て-しければ/太平記 27

ちくでん【逐電】

( 名 ) スル
〔古くは「ちくてん」。稲妻いなずまを追う、の意〕
逃げて姿をかくすこと。 「百金を盗み取つて-いたしましたが/真景累ヶ淵 円朝
行動がきわめて速いこと。急ぐこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

逐電の関連キーワードビヨン(François Villon)駆け落ち・駆落ち・駈け落ち・欠落畜・竹・筑・築・蓄・逐何が彼女をさうさせたか弘法寺(千葉県)ペール・ギュント伊賀越道中双六マグレガー後白河天皇真景累ヶ淵インバータ上がり田地直助権兵衛寛永の飢饉土岐持頼熊谷直実仁木満長鄂隠慧奯足利義視牡丹灯籠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android