コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天草日記 あまくさにっき

2件 の用語解説(天草日記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天草日記
あまくさにっき

『島原天草日記』ともいう。1冊。松平輝綱著。島原の乱鎮定の上使となった川越藩主松平 (大河内) 信綱とともに従軍した子の輝綱が,日記体で記した記録。寛文3 (1663) 年の序文がある。『続々群書類従』に収められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天草日記
あまくさにっき

松平輝綱(まつだいらてるつな)の島原・天草一揆(いっき)鎮圧の従軍日記。『島原天草日記』ともいう。当時18歳の著者が、上使である父伊豆守信綱(いずのかみのぶつな)に従い1637年(寛永14)12月3日に江戸をたち、翌正月4日原(はら)城下に着陣、2月28日の落城後、天草、長崎、平戸(ひらど)などを検分して5月13日江戸に帰着するまでを日記体に記す。漢文体。投降勧告文やその答書、一揆側の動向などを含むが、後世1663年(寛文3)撰(せん)のいわば回顧録で記事には問題もある。『続々群書類従 4』所収。[中村 質]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天草日記の関連キーワード天草一揆早崎瀬戸天草の乱南島原島原天草一揆松平輝興松平輝澄松平輝綱松平輝規松平信輝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone