松平輝綱(読み)まつだいら てるつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平輝綱 まつだいら-てるつな

1620-1672* 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)6年8月5日生まれ。松平信綱(のぶつな)の長男。寛永14年父にしたがい島原の鎮圧出陣。寛文2年武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主松平(大河内)家2代となる。兵学,薬学,地理学関心よせ,「軍配之事」などおおくの著作をあらわす。寛文11年12月12日死去。52歳。通称主殿(とのも)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平輝綱 (まつだいらてるつな)

生年月日:1620年8月5日
江戸時代前期の大名
1671年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android