天赦日(読み)テンシャニチ

デジタル大辞泉の解説

てんしゃ‐にち【天赦日】

暦注の一。四季に各1回ずつある、天がすべての罪を許すという最上の吉日。春は戊寅(つちのえとら)、夏は甲午(きのえうま)、秋は戊申(つちのえさる)、冬は甲子(きのえね)の日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしゃにち【天赦日】

暦注の一。万事に吉とする日。春は戊寅つちのえとら、夏は甲午きのえうま、秋は戊申つちのえさる、冬は甲子きのえねの日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんしゃ‐にち【天赦日】

〘名〙 (天が赦(ゆる)す日の意) 陰陽道で、一年中の極上の吉日とする日。何事をするのにもよいという日。春は戊寅(つちのえとら)、夏は甲午(きのえうま)、秋は戊申(つちのえさる)、冬は甲子(きのえね)の日とする。天赦。
※暦林問答集(1414)下「或問、天赦日者何也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android