極上(読み)ごくじょう

精選版 日本国語大辞典「極上」の解説

ごく‐じょう ‥ジャウ【極上】

〘名〙
① (形動) 程度がこの上ないこと。きわめて上等なこと。また、そのさま。最上
※大乗院寺社雑事記‐長享元年(1487)一一月二二日「仮盗人之儀、重科極上候者哉」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「首途(かどで)には極上と云ふ日和ぢゃな」
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「極上を三袋くれられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「極上」の解説

ごく‐じょう〔‐ジヤウ〕【極上】

[名・形動]きわめて上等なこと。また、そのさまやもの。「極上のワイン」
[類語]最上特上特等特級高級一流高等高度高次高段上級上等上質最高級ハイレベルハイブローハイクラスハイスペックハイクオリティーハイグレードトップクラスハイエンドハイソハイソサエティーエグゼクティブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android