天野 為之(読み)アマノ タメユキ

  • 天野 為之 (あまの ためゆき)

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の経済学者,教育家 早稲田大学教授;早稲田実業学校校長;衆院議員;「東洋経済新報」主宰。



生年
万延1年12月27日(1861年)

没年
昭和13(1938)年3月26日

出生地
江戸・深川

出身地
肥前国唐津(佐賀県)

学歴〔年〕
東京大学文学部政治理財科〔明治15年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔明治32年〕

経歴
明治元年唐津藩医だった父と死別して帰郷するが、8年上京して開成学校に入学。東大在学中から小野梓、高田早苗らと大隈重信を助けて15年立憲改進党結成や東京専門学校(早稲田大学の前身)創設尽力。以後早大教授、同商科科長、35年より早稲田実業学校校長などを歴任。その間23年佐賀から衆院議員に当選するが、25年落選。22〜23年独力で「日本理財雑誌」を発行した他、29年町田忠治らと「東洋経済新報」を創刊、30〜40年主宰した。また東京商業会議所特別議員も務めた。経済学をフェノロサに学び、J.S.ミルの研究、紹介に尽力、福沢諭吉田口卯吉とともに明治初期の3大経済学者の一人に数えられた。著書に「経済学原論」「経済学綱要」「経済策論」、訳書にミル「高等経済原論」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
衆院議員,早稲田大学教授,早稲田実業学校校長,「東洋経済新報」主宰

生年月日
万延1年12月27日(1861年)

出生地
江戸・深川

出身地
肥前国唐津(佐賀県)

学歴
東京大学文学部政治理財科〔明治15年〕卒

学位
法学博士〔明治32年〕

経歴
明治元年唐津藩医だった父と死別して帰郷するが、8年上京して開成学校に入学。東大在学中から小野梓、高田早苗らと大隈重信を助けて15年立憲改進党結成や東京専門学校(早稲田大学の前身)創設に尽力。以後早大教授、同商科科長、35年より早稲田実業学校校長などを歴任。その間23年佐賀から衆院議員に当選するが、25年落選。22〜23年独力で「日本理財雑誌」を発行した他、29年町田忠治らと「東洋経済新報」を創刊、30〜40年主宰した。また東京商業会議所特別議員も務めた。経済学をフェノロサに学び、J.S.ミルの研究、紹介に尽力、福沢諭吉、田口卯吉とともに明治初期の3大経済学者の一人に数えられた。著書に「経済学原論」「経済学綱要」「経済策論」、訳書にミル「高等経済原論」がある。

没年月日
昭和13年3月26日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1861年12月27日
明治時代;大正時代の経済学者;政治家。『東洋経済新報』主幹;早稲田大学学長;衆議院議員
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天野 為之の関連情報