コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天鑑存円 てんかん そんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天鑑存円 てんかん-そんえん

?-1401 南北朝-室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉円覚寺無礙妙謙(むげ-みょうけん)に師事。伊豆(いず)韮山(にらやま)(静岡県)の国清寺3世となり,妙謙の法をつぐ。永徳3=弘和(こうわ)3年鎌倉浄智寺にうつり,円覚寺,建長寺の住持となった。応永8年4月11日死去。諡号(しごう)は仏果禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天鑑存円の関連キーワードウワディスワフ2世ヤギェウォビタウタス勘合貿易遣明船(年表)クザーヌス遣明使苫小牧沖のフェリー火災称光天皇東常縁クザーヌス遣明使

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone