コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無礙妙謙 むげ みょうけん

1件 の用語解説(無礙妙謙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無礙妙謙 むげ-みょうけん

?-1369 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。武蔵(むさし)の人。高峰顕日(こうほう-けんにち)の法をつぐ。元(げん)(中国)にわたって中峰明本に師事,帰国後鎌倉の寿福寺,円覚寺の住持となる。上杉憲顕(のりあき)にまねかれ,伊豆(いず)韮山(にらやま)(静岡県)国清寺の開山(かいさん)となる。応安2=正平(しょうへい)24年7月13日死去。諡号(しごう)は仏真禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

無礙妙謙の関連キーワード心王吉野朝時代月庵紹清顕円定尊青山慈永絶巌運奇南堂良偕白翁宗雲平山善均

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone