畝傍山(読み)うねびやま

日本大百科全書(ニッポニカ)「畝傍山」の解説

畝傍山
うねびやま

奈良県中西部、橿原(かしはら)市にある山。標高199メートル。『古事記』には畝火山、『日本書紀』には畝傍山と書かれている。お峰山(おむねやま)、慈明寺山(じみょうじやま)ともいう。天香久山(あめのかぐやま)、耳成山(みみなしやま)とともに大和三山(やまとさんざん)として知られ、三山のなかで最高峰。山麓(さんろく)は片麻岩、中腹以上は黒雲母(くろうんも)安山岩からなり、火山の一部分が鐘状をなす。山周辺には橿原神宮をはじめ、記紀に記される神武(じんむ)、綏靖(すいぜい)、安寧(あんねい)、懿徳(いとく)の4天皇陵があり、史跡に富む。また『万葉集』の嬬(つま)争いの伝説歌のほか、多くの古歌に詠まれている。

[菊地一郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「畝傍山」の解説

畝傍山
うねびやま

奈良県奈良盆地の南部にある山。標高 199m。耳成 (みみなし) 山天香具山とともに大和三山の一つ。高度は低いが平野にあるため目立つ。頂上付近の急傾斜部は黒雲母安山岩,中腹以下の緩傾斜部は片麻岩から成る。南東の盆地が飛鳥の地で,奈良朝以前の大和朝廷の都がたびたびおかれた。山麓には日本建国の地と神話で伝えられる橿原神宮,神武天皇陵,その他の皇族貴族陵墓古墳や史跡が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「畝傍山」の解説

うねび‐やま【畝傍山】

奈良県橿原市にある山。耳成(みみなし)山、天香久(あまのかぐ)山とともに大和三山と呼ばれる。西麓に畝火山口神社、東すそに神武天皇陵、橿原神宮がある。「播磨風土記」に記す三山相闘の伝説は有名。標高一九九メートル。慈明寺山。雲根火山。雲飛山。お峰山。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「畝傍山」の解説

畝傍山【うねびやま】

奈良県橿原(かしはら)市にあり,大和三山の一つで,万葉にもうたわれた名山。標高199m。頂上部は黒雲母安山岩,中腹以下は片麻岩からなる山で,付近に天皇や古代豪族の陵墓が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「畝傍山」の解説

うねびやま【畝傍山】

大和三山の一つ。奈良県橿原市にある山で標高199m。神武天皇が南東麓の橿原宮で即位したと伝える。神武・安寧・懿徳(いとく)天皇の山陵も畝傍山の麓に所在すると伝承されていた。畝傍山の麓および南接する(かる)の地は,蘇我氏の本拠地の一つであり,畝傍家や石川宅,槻曲家(つきくまのいえ)等が所在していた。現在,西麓にある畝傍山口神社はかつて山頂にあった。大阪の住吉大社新嘗祭における埴使いの神事も著名であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報