大和三山(読み)やまとさんざん

日本大百科全書(ニッポニカ)「大和三山」の解説

大和三山
やまとさんざん

奈良県北部、橿原(かしはら)市にある畝傍山(うねびやま)(199メートル)、天香久山(あめのかぐやま)(152メートル)、耳成山(みみなしやま)(140メートル)の総称奈良盆地の南部に藤原宮跡を囲むように、北の耳成山を頂点として三山が鼎立(ていりつ)する。畝傍山は黒雲母(くろうんも)安山岩、耳成山は含柘榴(ざくろ)石安山岩からなり、火山性であるが、山体は地中に埋積されている。天香久山は傾斜が緩やかで、花崗(かこう)岩や斑糲(はんれい)岩などからなり、侵食から残った山で火山性ではない。

 中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が弟の大海人(おおあま)皇子と額田王(ぬかたのおおきみ)を争ったことを踏まえて詠んだ「香具山は畝傍ををしと耳梨と相争ひき神代よりかくにあるらし古(いにし)へも然(しか)にあれこそうつせみも妻を争ふらしき」(『万葉集』巻1)で知られる。

[菊地一郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大和三山」の解説

大和三山
やまとさんざん

奈良県奈良盆地南部,橿原市にある畝傍山 (199m) ,耳成山 (140m) ,天香具山 (152m) の総称。前2者は安山岩の山体が浸食を受けたもの,後者竜門山地の末端部と考えられる。相互が約 3km離れて三角の形に位置し,中央の低地藤原京の跡がある。いずれも樹木におおわれた小丘で,『万葉集』にも詠まれ,付近には陵墓史跡が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「大和三山」の解説

大和三山【やまとさんざん】

奈良県橿原(かしはら)市,飛鳥(あすか)地方の北にある畝傍(うねび)山耳成(みみなし)山天香久(あまのかぐ)山の総称。相互に約3km隔てて三角形に位置し,中心の低地に藤原京跡がある。いずれもなだらかな小丘で,三山の景観は万葉にもうたわれ,古来親しまれている。
→関連項目飛鳥橿原[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「大和三山」の解説

大和三山
やまとさんざん

奈良県にある畝傍 (うねび) ・耳成 (みみなし) ・天香久 (あまのかぐ) の3山
高さはいずれも140〜200m,奈良盆地に噴出したトロイデ形式の小山。3山に囲まれた三角形の中心に飛鳥川が流れ,7世紀末期藤原京が造営された。3山は飛鳥地方の象徴とされ,古くから『万葉集』などに歌われた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「大和三山」の解説

やまと‐さんざん【大和三山】

奈良県橿原市にある畝傍(うねび)山・耳成(みみなし)山・天香久(あまのかぐ)山の三山の総称。旧藤原京を囲むように三角形をなして対する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「大和三山」の解説

やまとさんざん【大和三山】

奈良盆地南東部の畝傍(うねび)山(慈明寺山とも。標高199m),耳成(みみなし)山(140m),天香久(あまのかぐ)山(152m)をいう。三山のうち北に位置する耳成山と南西の畝傍山は火山であるが,南東にある天香久山は堅い岩石が浸食から残ったもの。天香久山にのみ〈天〉を冠するのは,天から下った山との伝承が存在したからである。《万葉集》に三山妻争いの歌がみえ,また,〈藤原宮の御井の歌〉には,藤原宮が三山の間に造営されたことが歌われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大和三山の言及

【天香久山】より

…大和三山の一つ。奈良県橿原市と桜井市にまたがり,花コウ岩よりなる標高152mの小山。…

【畝傍山】より

…大和三山の一つ。奈良県橿原市にある山で標高199m。…

※「大和三山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android