コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天香久山 あまのかぐやま

大辞林 第三版の解説

あまのかぐやま【天香久山】

奈良県橿原かしはら市にある山。海抜152メートル。畝傍うねび山・耳成みみなし山とともに大和三山の一。山容はなだらかで樹木におおわれる。あめのかぐやま。⦅歌枕⦆ 「ほのぼのと春こそ空にきにけらし-霞たなびく/新古今 春上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

天香久山【あまのかぐやま】

奈良県飛鳥(あすか)地方にある小丘大和三山の一つ。標高152m。花コウ岩からなる。古来名山として,《万葉集》などにうたわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまのかぐやま【天香久山】

大和三山の一つ。奈良県橿原市と桜井市にまたがり,花コウ岩よりなる標高152mの小。日本神話によると,同名の山が高天原にもそびえると伝承されている。また,《伊予国風土記》逸文には,天から天降った山ともみえている。天香久山埴土は呪力を有する土で,倭国(やまとのくに)支配の象徴と観念されていた。西麓の橿原市木之本町には,埴土を神格化した畝尾坐健土安(うねおにいますたけはにやす)神社があり,かつて周辺に埴安(はにやす)池も広がっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕天香久山(あまのかぐやま)


奈良盆地の南部、橿原(かしはら)市東部にある山。標高152m。畝傍(うねび)山・耳成(みみなし)山とともに大和(やまと)三山の一つ。藤原(ふじわら)京に近く、『万葉集』や『日本書紀』などにもしばしば登場する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天香久山の言及

【埴安池】より

…大和の天香久山の西麓にあった池。《万葉集》にみえる,柿本人麻呂が高市皇子の死に際して作った挽歌に〈埴安の池の堤〉とあり,〈藤原宮の御井の歌〉にも〈埴安の堤〉が歌われている。…

【大和三山】より

…奈良盆地南東部の畝傍(うねび)山(慈明寺山とも。標高199m),耳成(みみなし)山(140m),天香久(あまのかぐ)山(152m)をいう。三山のうち北に位置する耳成山と南西の畝傍山は火山であるが,南東にある天香久山は堅い岩石が浸食から残ったもの。…

※「天香久山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天香久山の関連キーワード天香久山(あまのかぐやま)三種の神器(宝物)香具山・香久山橿原(市)奈良(県)埴安の池天香具山埴安池畝傍山耳成山歌枕アユ畝傍埴安磐余

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android