コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太安麻侶 おおのやすまろ

百科事典マイペディアの解説

太安麻侶【おおのやすまろ】

安万呂とも書く。奈良初期の学者。711年稗田阿礼(ひえだのあれ)の誦習(しょうしゅう)した帝紀・旧辞を筆録し《古事記》を撰進,習年献上した。その序は名文で彼の筆になる。
→関連項目帝紀日本書紀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

太安麻侶の関連キーワードロドリゴロドリゴコンスタンチヌス太安麻呂ユスチニアヌス2世アル・アンダルス慰謝料ジブラルタルペラージョ多胡碑

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android