太田資俊(読み)おおた すけとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田資俊 おおた-すけとし

1720-1764* 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)5年生まれ。太田資晴(すけはる)の子。元文5年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩主太田家2代となる。延享3年遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩主太田家初代。5万石。宝暦10年寺社奉行となり,将軍徳川家重の葬儀・法会をとりしきった。宝暦13年12月10日死去。44歳。初名は資元。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android