コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田雄貴 おおたゆうき

3件 の用語解説(太田雄貴の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

太田雄貴

1985年11月25日生まれ、滋賀県大津市出身。日本のフェンシング選手(種目はフルーレ)。同志社大学商学部卒。森永製菓所属で、マネジメント契約先はスポーツビズ(2012年8月時点)。12年ロンドンオリンピックの日本代表。個人では3回戦敗退となったものの、千田健太、三宅諒と共に挑んだ団体で銀メダルを獲得。これは史上初のフェンシング団体でのメダルである。
小学校3年生の時、父の勧めでフェンシングを始める。小、中学と共に全国大会での優勝経験を持ち、平安高校(京都府)時代には、史上初のインターハイ3連覇を達成する。高校2年生で全日本選手権優勝。
04年のアテネ・オリンピックでは9位。06年には、カタールドーハで開催されたアジア競技大会で優勝を果たす。日本人選手としては、28年ぶりの優勝となった。08年には、北京オリンピックで銀メダルを獲得する。この銀メダルは、日本フェンシング史上初の五輪メダルである。この時、大学卒業後競技に打ち込んでいたため就職しておらず、インタビューで「就職先募集中」と語ったことが話題になり「ニート剣士」などと呼ばれた。その後すぐに複数のオファーが舞い込む中、森永製菓に入社。ウィダー事業本部に所属し、製品開発や改良、PRを担当している。
09年、森永製菓所属のまま、フェンシングの母国であるフランスクラブチーム、エクス・アン・プロヴァンスフェンシングクラブに期限付きで在籍。「ルブニュー・チャレンジ」で優勝。日本人選手として初めて国際フェンシング連盟ランキング1位となった。10年、パリで行われた世界選手権では3位となり、日本人選手として個人では初めて世界選手権のメダルを獲得した。趣味は音楽鑑賞、好きな食べ物は寿司。

(菘(すずな)あつこ  フリーランス・ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田雄貴 おおた-ゆうき

1985- 平成時代のフェンシング選手。
昭和60年11月25日生まれ。種目はフルーレ。小学3年からフェンシングをはじめる。平安高時代の平成14年全日本選手権で優勝,翌年インターハイ3連覇をはたした。16年ワールドカップ(テヘラン)で個人優勝。同年アテネ五輪では9位。20年北京五輪で銀メダルを獲得し,日本フェンシング史上初のメダリストとなった。21年国際フェンシング連盟ランキングで日本人初の1位となる。同年ワールドカップ(ハバナ)で優勝,アジア選手権で3連覇。22年ワールドカップ(東京)で3度目の優勝。24年ロンドン五輪では個人戦は3回戦で敗退したが,団体(太田雄貴,千田健太,三宅諒,淡路卓)で銀メダルを獲得。25年国際フェンシング連盟の選手委員会委員長に選ばれる。27年世界選手権フルーレ個人で日本人初の金メダルを獲得。森永製菓所属。滋賀県出身。同志社大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

太田 雄貴


芸名
太田 雄貴

性別
男性

生年月日
1985/11/25

星座
いて座

干支
丑年

血液型
O

出身地
滋賀県

ブログタイトル
Allez

ブログURL
http://ameblo.jp/1125-yukiota/

職種
スポーツ

プロフィール
小学3年生からフェンシングを始め、高校時代には史上初となるインターハイ3連覇を達成した。日本代表として多くの国際大会に出場し、アテネオリンピックで9位。2008年北京オリンピックでは日本フェンシング史上初となる銀メダルを獲得し、同年11月には森永製菓株式会社に入社した。2009年には世界ランキング1位、さらにはアジア選手権3連覇など好調を維持し、2010年には日本人では初となる世界選手権男子フルーレ個人で銅メダルを獲得した。自身3度目となる2012年のロンドン五輪出場を果たし、個人では3回戦敗退も、団体では準決勝ドイツ戦で残り1秒で同点に追いつき、延長戦の末勝利。決勝ではイタリアに敗れたが、2大会連続でメダリストとなった。2009年より、「太田雄貴杯」と銘打ち自ら企画・開催するほか、2012年フェンシングの普及を目的とする「SUPER FENCING」プロジェクト立ち上げ、精力的に活動。2013年には、FIE国際フェンシング連盟のアスリート委員に選出。東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会の招致アンバサダーに就任し、開催決定に大きく貢献した。

代表作品
CM『森永製菓「アイスボックス」』 / CM『アサヒビール「一番麦」』 / CM『KEIRIN「目撃せよ!太田雄貴編」』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太田雄貴の関連キーワード滋賀医科大学滋賀の都滋賀の山越滋賀山うさぽん大津市民会館大津パルコビッシー久村静弥

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太田雄貴の関連情報