千田健太(読み)ちだ けんた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千田健太 ちだ-けんた

1985- 平成時代のフェンシング選手。
昭和60年8月2日生まれ。種目はフルーレ。父の千田健一も元フェンシング日本代表選手。平成18年ワールドカップシリーズ東京大会で3位入賞。20年北京五輪に出場し個人で11位。21年ワールドカップグランプリ,アジア選手権の団体で優勝。24年ロンドン五輪の個人は2回戦で敗退したが,団体(太田雄貴,千田健太,三宅諒,淡路卓)で銀メダルを獲得。ネクサス所属。宮城県出身。中央大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千田健太の関連情報