太田 哲三(読み)オオタ テツゾウ

20世紀日本人名事典の解説

太田 哲三
オオタ テツゾウ

大正・昭和期の会計学者 一橋大学名誉教授;中央大学名誉教授;日本公認会計士協会会長。



生年
明治22(1889)年5月8日

没年
昭和45(1970)年7月4日

出生地
静岡県清水市

学歴〔年〕
東京高等商業学校専攻部〔大正2年〕卒

学位〔年〕
商学博士

経歴
中央大学講師を経て、大正12〜昭和23年、東京商科大学(一橋大)会計学教授。その後、39年まで中央大学経理研究所長兼教授。23年以降、企業会計審議会委員(後会長)。25年公認会計士となり、太田哲三事務所(後監査法人)を開設。27年「固定資産会計」で商学博士。30年、商工省財務諸表準則委員、国鉄、林野庁などの会計制度立案に参画。日本会計研究学会理事長、日本公認会計士協会初代会長などを歴任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田 哲三の関連情報