コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商業簿記 しょうぎょうぼきcommercial bookkeeping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商業簿記
しょうぎょうぼき
commercial bookkeeping

商的企業の所有する資産,負債および資本の増減を勘定形式の帳簿に記録,分類,整理して,企業の経営活動の成果および財政状態を明らかにする計算システム。商的企業はその活動内容,企業組織の実態が他の企業組織,たとえば製造業などに比べて比較的把握しやすい。すなわち商企業は商品の購入,販売という流通段階における経営活動にその主体があり,製造企業のように生産活動,加工活動は原則として行わない。したがって経理内容を説明する商業簿記メカニズムは比較的簡単であり,しかも他の大多数の企業も生産物の購入,販売を行うところから,製造業などでもこれら活動の経理的処理については商業簿記の手法が適用される。このような理由から商業簿記は工業簿記農業簿記銀行簿記などの応用簿記に対する基礎的原理を構成するという意義をもっており,簿記の基礎教育段階では必ず商業簿記から始められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうぎょう‐ぼき〔シヤウゲフ‐〕【商業簿記】

商業、特に商品売買業に適用される簿記。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぎょうぼき【商業簿記 commercial bookkeeping】

企業簿記の諸形態のなかでも代表的なものであり,工業(製造業)と区別された商業(商品売買業)を営む企業において実践される複式企業簿記をいう。商業簿記では企業資本の運動(取引)が実在勘定と名目勘定によって貸借二重分類され,それぞれ勘定科目に同じ金額が記入されて一定期間ごとに総括(決算)がなされる。すなわち各取引ごとの複式記入のために設定されたすべての勘定の貸借それぞれの合計または各勘定残高がそれぞれ合計試算表,残高試算表に集められて,その最終的な貸借の金額的一致が自動検証される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうぎょうぼき【商業簿記】

商品売買によって生じる財産や資本の変化、並びに損益の会計に用いる簿記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商業簿記
しょうぎょうぼき
commercial book-keeping

商業を対象とした簿記のこと。企業経営の活動を貨幣額による評価に統一して把握し、これらを所定のルールにのっとって整理・記録することを簿記というが、企業のうち商業を対象として適用する簿記の方法もしくは研究領域を商業簿記という。簿記には、単式簿記複式簿記があるといわれてきたが、コンピュータがあらゆる業種や階層等に普及している現代社会では、江戸時代における大福帳方式や小規模商店において利用されることのあった現金出納帳(ほぼ家計簿に類似したもの)方式の単式簿記が、企業簿記に使われることはほとんどなくなったといってよい。したがって、商業簿記といえば、一つの活動事象を二面の現象において把握し記帳する複式簿記のそれを意味するものと考えてよい。
 商業の基本は商品の購入(仕入)とその販売(売上)である。複式簿記の基本である二面による現象の把握についてこれを「借方」と「貸方」という専門用語によって整理する。借方と貸方の用語は、仕訳において(借)、(貸)と略記される。商品の売買が現金授受を後日に延ばすいわゆる掛取引として例示すると、以下のようになる(××部分には金額が入る)。
(1)商品の購入
  (借)仕 入×× (貸)買掛金××
(2)商品の販売
  (借)売掛金×× (貸)売 上××
 (1)は費用の発生と負債の増加の組合せの取引である。(2)は資産の増加と収益の発生(実現)の取引である。このようにして日々のすべての取引を日記のようにして整理することを「仕訳」といい、具体的な名称を勘定科目という。これらの記録は、一定の時期にすべての勘定科目を設定した「元帳」(総勘定元帳)に転記される。ただし、コンピュータを使用している場合は、その作業はソフトウェアによって自動的に処理される。その後、一定期間での財政状態と経営成績を総括的に把握するために試算表や精算表が作成され、会計報告書としての「財務諸表」の基礎データを提供する。会計期間で簿記一巡の手続にくぎり目をつけることを決算といい、簿記は決算手続によって締めくくられる。
 商業簿記では、商品売買や掛の取引状態をより的確に整理・把握するために、仕入帳、売上帳、得意先元帳、仕入先元帳、商品有高帳などの主要簿の内訳管理をする補助帳簿が活用されることが多い。
 商業簿記は、製造業、農業、銀行、サービス業などの他の業種固有の企業簿記を展開するための基礎をなす簿記法として位置づけられている。簿記・会計に関する教育の体系においても、まず商業簿記を学び、これによって応用としてのその他の企業簿記、高度な簿記組織、ならびにさらに展開する会計学を理解する基礎知識とする方法が普及している。[東海幹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

商業簿記の関連情報