コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太皇太后宮 タイコウタイゴウグウ

デジタル大辞泉の解説

たいこうたいごう‐ぐう〔タイクワウタイゴウ‐〕【太皇太后宮】

太皇太后の宮殿。
太皇太后の敬称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太皇太后宮の言及

【中宮】より

…平安時代の令の注釈書《令義解》は皇后の居所である皇后宮の別称であるとし,したがって太皇太后宮,皇太后宮もまた中宮と称したのだとする。このことから中宮は皇后,皇太后,太皇太后の別称ともみられるが,公式令では皇后などが平出(へいしゆつ)すべき称であるのに対して,中宮は闕字(けつじ)すべき称であり,それだけ略称的な呼称であったかもしれない。…

※「太皇太后宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太皇太后宮の関連キーワード藤原光経(1)藤原宗子(1)太皇太后宮職源忠清(1)職(官司)四条宮主殿藤原為頼板垣兼信藤原良縄藤原俊盛藤原多子藤原伊行藤原彰子上東門院和泉式部藤原枝良大江匡範藤原清輔藤原季能藤原家隆

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android