コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽写真儀 たいようしゃしんぎphotoheliograph

世界大百科事典 第2版の解説

たいようしゃしんぎ【太陽写真儀 photoheliograph】

太陽を写真観測するための望遠鏡。太陽黒点,白斑,粒状斑などの直接像や,フィルターとか分光器を使って彩層の直接像を撮影したり,太陽スペクトルの写真撮影を行う。日中は夜間に比べて気流の乱れが大きいので,1秒角以内の微細な太陽像を撮影するためにはいろいろとくふうがこらされている。(1)シーイングの良好な場所に望遠鏡を設置することが望ましい。湖岸では,湖水が太陽熱を吸収し,地面に比べて気流の乱れが少ないので,シーイングのよい場所と考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

太陽写真儀の関連キーワードスペクトロヘリオグラフレオ ゴールドバーグヘール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android