コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽写真儀 たいようしゃしんぎ photoheliograph

1件 の用語解説(太陽写真儀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいようしゃしんぎ【太陽写真儀 photoheliograph】

太陽を写真観測するための望遠鏡太陽黒点,白斑,粒状斑などの直接像や,フィルターとか分光器を使って彩層の直接像を撮影したり,太陽スペクトルの写真撮影を行う。日中は夜間に比べて気流の乱れが大きいので,1秒角以内の微細な太陽像を撮影するためにはいろいろとくふうがこらされている。(1)シーイングの良好な場所に望遠鏡を設置することが望ましい。湖岸では,湖水が太陽熱を吸収し,地面に比べて気流の乱れが少ないので,シーイングのよい場所と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太陽写真儀の関連キーワードガリレイ太陽黒点塔望遠鏡望遠鏡星眼鏡掃天観測シュペーラーの法則ウィルソン現象(黒点)ウォルフの太陽黒点数相対太陽黒点数

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太陽写真儀の関連情報