太陽嵐(読み)たいようあらし(英語表記)solar storm

日本大百科全書(ニッポニカ)「太陽嵐」の解説

太陽嵐
たいようあらし
solar storm

太陽表面での爆発的現象であるフレアにより発生する大規模かつ高速で高エネルギーのプラズマ(電離ガス)や荷電粒子電磁波の流れ。それらによって地球表面近傍での人工衛星の動作障害や地上での電波障害、停電などの甚大な被害が引き起こされることがある。1989年の太陽嵐では、カナダのケベック州で600万戸の停電が起きている。そのため、人工衛星などによる太陽の常時観測が続けられ、太陽嵐の発生予測技術の研究が進められている。通常でも太陽風という形で、太陽フレアから発生した荷電粒子などが地球に届き、オーロラなどの現象を引き起こしている。太陽嵐は、太陽風よりも格段に規模が大きい。さらに、そのフレアの数十倍から数万倍の規模のスーパーフレアが、太陽以外の恒星で観測され(恒星フレア)、最近の研究から、太陽でも同様のスーパーフレアが発生する可能性が指摘されている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵mini「太陽嵐」の解説

太陽嵐

非常に大規模な太陽フレア(太陽表面での爆発現象)により、電気を帯びた粒子や電磁波などが大量に放出されたもの。通常の太陽活動による「太陽風」の大きなものといえ、普通起こらない低緯度でのオーロラの発生や、人工衛星・地上の電力網・通信網に障害を起こすことがある。米海洋大気局(NOAA)では、太陽嵐による磁気の乱れ(磁気嵐)をG1~G5に分類している。2番目に強いG4の磁気嵐は直近で2013年に発生しており、G5クラスの磁気嵐は稀で10年以上前に観測されている。15年3月17日には、G4の磁気嵐が発生したことがNOAAより発表され、18日未明、日本で04年11月以来となるオーロラが北海道のなよろ市立天文台で観測された。 

(2015-3-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android