太陽火災海上保険(読み)たいようかさいかいじょうほけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽火災海上保険
たいようかさいかいじょうほけん

かつての損害保険会社。1951年設立。火災,海上,運送の各保険を取り扱い,満期戻長期保険を主力商品とした。1952年大正海上火災保険と業務提携。1955年自動車損害賠償責任保険の引き受け開始。1967年太陽生命保険,日本相互銀行と業務提携。1968年満期戻長期の発売により保険契約が拡大。1986年積立ファミリー交通傷害保険を発売。1991年満期戻総合保険を発売。2002年日本興亜損害保険に吸収合併された。(→損害保険

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android