コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽面座標 たいようめんざひょう heliographic coordinates

1件 の用語解説(太陽面座標の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいようめんざひょう【太陽面座標 heliographic coordinates】

太陽面現象の位置を示すための経緯度座標。地球と同様に,太陽光球面上に北極,南極,赤道を定め,緯度は赤道から極に向け0゜から±90゜(+は北半球)にとり,経度は北極側からみて反時計回りに0゜から360゜にとる。しかし太陽は地球とは異なり低緯度ほど自転速度が速く,経度線は時間が経つと赤道方向が先に伸びた曲線となる。これでは不便なので,経度線は対地球の自転周期が27.2753日(緯度16゜における自転周期に近い)で太陽の自転軸を回り,その原点は,1854年1月1日グリニジ平均正午において黄道面と交わる太陽の赤道(昇交点)を通る子午線を採用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太陽面座標の関連キーワード球座標銀河座標黄道座標座標座標軸天球座標地縄停泊灯天文座標うき

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone