コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇交点 ショウコウテン

百科事典マイペディアの解説

昇交点【しょうこうてん】

天球上で天体が黄道を南側から北側へ通過する点。降交点の対。
→関連項目交点(天文)月(時間)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこうてん【昇交点 ascending node】

天球に投影した惑星,小惑星,すい星などの軌道面は,一般に基準面として採用した黄道と2点で交わる。これらを交点と呼ぶが,そのうち,それらの天体が黄道を南から北へ横切る点を昇交点,北から南へ横切る点を降交点descending nodeという。衛星の場合には,黄道の代りに,母惑星の赤道面を基準面として採用して定義するのがふつうであるが,母惑星の公転軌道面や黄道面を基準とする場合もある。地球のまわりを回る人工衛星については,通常,地球の赤道面を基準面として定義している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうこうてん【昇交点】

二つの交点のうち、惑星などが黄道を南から北へ通過する点。 ⇔ 降交点交点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇交点
しょうこうてん

交点」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昇交点
しょうこうてん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の昇交点の言及

【交点月】より

…地球のまわりの月の公転運動において,月がその軌道上の昇交点(月が黄道面を南から北に横切る場所)を出発し,軌道を一周して再び昇交点に戻るまでの時間間隔をいう。27.2122200日,あるいは27日5時間5分35.81秒である。…

※「昇交点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

昇交点の関連キーワード全地球測位システム軌道(物体の運動)交点(天文)月(衛星)月(周期)太陽面通過太陽面座標月(時間)永年摂動長年摂動衛星航法軌道要素銀河座標平均黄経日面通過春分点交点月食年白道九曜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android