コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太鼓詞 たいこしtai-gu-ci

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太鼓詞
たいこし
tai-gu-ci

中国の芸能の一種。日本の浪曲に似た語り物。中国の語り物の音楽は,唐代の説唱に始る。仏教の説教から生れ,宋代に大衆の芸能として盛んになり,清代にいたるまで全国各地で地方劇が展開するのと並行して,各地独自の説唱が生れた (華北の太鼓詞,書,華中の弾詞,評弾など) 。太鼓詞は単皮鼓,三弦などの伴奏で,1人の語り手 (多くは女性) がせりふを交えて語り歌う。明・清代の劇や小説 (『水滸伝』『紅楼夢』など) の演目を語り物化した曲が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

太鼓詞の関連キーワード玉堂春

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android