コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾詞 だんし Tan-ci

6件 の用語解説(弾詞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾詞
だんし
Tan-ci

中国の語り物文芸の一種。唐の変文の系譜に属し,元末~明初に成立したと考えられる。江南地方を中心に各地で広く行われた。初期には小太鼓や拍板を伴奏として1人で演じられ,清代に入ると琵琶や三弦を用い,2~3人のチームによって演じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だん‐し【弾詞】

中国の語り物の一。明から清にかけて流行、現在でも南方で行われ、琵琶三弦洋琴などを伴奏にする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弾詞【だんし】

中国の語り物音楽。中国語ではタンツー。明代には盲人が太鼓や拍板を弾じて口演,清代には琵琶三弦月琴で弾唱し,兪秀山(ゆしゅうざん)・馬如飛の名人が出て盛行,南方の江蘇・浙江省方面が中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だんし【弾詞 tán cí】

中国の明代から現代にまで流行する語り物の形式。主に江蘇・浙江を中心とする南方に行われ,琵琶・三弦・月琴などの伴奏による歌とせりふを交互にくりかえし,1人から3~4人の演者によって長編の物語が語られる。内容は才子佳人が波乱の末に結ばれるラブ・ロマンスが多く,聴衆ばかりでなく作者のなかにも女性がかなりいる。代表作は《珍珠塔》《玉蜻蜓》などで,北方の鼓詞とならぶ中国の代表的な語り物である。【金 文京】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんし【弾詞】

中国で、明・清代以降江蘇・浙江せつこう地方を中心に行われる語り物。三弦・琵琶の伴奏により、一~三人で弾唱される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弾詞
だんし

中国の民間俗曲芸能の一類で、南詞(なんし)ともいう。その前身は宋(そう)代の語り物の陶真(とうしん)、あるいは明(みん)代の詞話(しわ)とされ、遅くとも明代中葉には杭州(こうしゅう)など江南の諸都市に広まって演芸としての形を整え、明末清(しん)初からは弾詞とよばれるようになった。現在、蘇州(そしゅう)、揚州(ようしゅう)、長沙(ちょうさ)、桂林(けいりん)の各弾詞、四明(しめい)南詞などがあり、1人から3、4人による三絃(さんげん)、琵琶(びわ)あるいは月琴を主とした弾き語りで、語りのない歌だけのものもある。通例は七字句を重ねる長編の歌詞で、男女の愛の葛藤(かっとう)などを語り、下層市民や婦女をおもな聴衆として、それぞれの地方の曲調と方言で歌われてきた。1950年代からは現代物の創作も進み、中編、短編もつくられている。[傳田 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の弾詞の言及

【琵琶】より

…中国では宋代以後,古い形にとらわれずに新しい琵琶様式をつくりあげていった。ことに南部では声楽曲の伴奏用に広く愛用され,語り物としての〈弾詞(だんし)〉になくてはならないものとなり,また明代以後は他の楽器と組み合わされて新しい合奏音楽をつくるのに役立てられた(この合奏形態は日本にも伝えられ〈明清楽(みんしんがく)〉と呼ばれた)。一方,北部ではむしろ独奏楽器として発達し,純器楽的表現のみならず,自然現象を模倣する写実技法を織り交ぜながらフラメンコ風の華麗な技巧をこらした指爪弾法を応用するようになった。…

※「弾詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弾詞の関連キーワード語り物鼓詞十二段草子詞話抽分流行り物流行り物は廃り物別駕明楽やませ蔵美術館

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone