コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評弾 ひょうだんPing-tan

3件 の用語解説(評弾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評弾
ひょうだん
Ping-tan

中国の講談。新中国になって蘇州の弾詞 (語り物) と評話 (講談) を合流させたもの。琵琶や三弦など弾奏弦楽器を伴奏に,才子佳人の物語を七言の韻文でうたい語る弾詞と,せりふを主要要素とする講談調の語り物である評話が合流したものと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

評弾
ひょうだん / ピンタン

中国の江蘇(こうそ)省南部と浙江(せっこう)省北部の呉(ご)語方言地域の説唱芸能で、評話(ひょうわ)(ピンホワ)と弾詞(だんし)(タンツ)との合称。評話は語りが主で、一人称は説書人、三人称は作中人物と使い分け、説書人の喜怒哀楽と作中人物の動作もしぐさのうえで分けられている。評話の伝統演目は『三国志』『金槍(きんそう)伝』『岳飛(がくひ)伝』『英烈(えいれつ)伝』などの歴史物語、『水滸(すいこ)伝』『七侠五義(しちきょうごぎ)』などの英雄好漢の物語、あるいは『封神榜(ほうしんぼう)』『済公(せいこう)伝』などの神仙妖術(ようじゅつ)の物語などがあり、連続で語られることが多い。弾詞は三弦、琵琶(びわ)を主楽器とする弾き語りで、1人、あるいは2人、3人の掛け合いでも謡われ、連続で演じられることもある。長編では『白蛇(はくじゃ)伝』『玉蜻(ぎょくせいてい)』『珍珠塔(ちんじゅとう)』などがあり、世話物が多い。いずれも蘇州語で演じられる。評話と弾詞で一つの団(評弾団)を形成し、公演を行うことが多い。[尾上兼英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

評弾の関連情報