失当(読み)しっとう

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐とう ‥タウ【失当】

〘名〙 (形動) 当を得ていないこと。道理にあわないこと。適当でないこと。また、そのさま。不都合。不当。〔布令字弁(1868‐72)〕
※美術真説(1882)〈フェノロサ〉「美術家を以て通常職工と同視し、或は人に役せらるる賤劣の工人となすは、甚だ失当となす」 〔宋史‐太祖紀・三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しっ‐とう〔‐タウ〕【失当】

[名・形動]道理に合わないこと。当を得ていないこと。また、そのさま。不当。
「郎君問う所の人は少しく―なる無からんや」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android