失活(読み)しっかつ(英語表記)deactivation

翻訳|deactivation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

失活
しっかつ
deactivation

物質がなんらかの変化を行うか,なんらかの機能を果す場合には,原系のエネルギー以上のエネルギーをもつ活性化状態を経て生成系に移るか,またはその機能を果す。活性化状態のエネルギーと原系のエネルギーとの差,すなわち活性化エネルギーが失われる現象を失活という。失活の現象は熱エネルギーの放出として行われるもの,他原子または分子との衝突,発光などによって行われるものなど種々の型がある。たとえば半導体の失活では,熱や光が放出され,酵素や触媒の失活では種々の型式でのエネルギーの放出や分子構造の変化が行われるものと考えられるが,結果として反応が進行しなくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しっ‐かつ〔‐クワツ〕【失活】

[名](スル)化学物質などの活性が失われ、反応を起こさなくなること。不活性化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっかつ【失活】

(酵素や化学物質の)活性が失われること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失活の関連情報