奇を衒う(読み)キヲテラウ

  • を 衒(てら)う
  • 奇(き)を衒(てら)・う

精選版 日本国語大辞典の解説

わざと変わった事をして、他人の注意をひきつけようとする。
※奇想凡想(1920)〈宮武外骨〉木村生死といふ本氏名「殊更に奇(キ)を衒(テラ)って、極めて類例の尠い名を附ける者もあるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奇を衒うの関連情報