奇を衒う(読み)きをてらう

精選版 日本国語大辞典「奇を衒う」の解説

き【奇】 を 衒(てら)

わざと変わった事をして、他人注意をひきつけようとする。
想凡想(1920)〈宮武外骨〉木村生死といふ本氏名「殊更に奇(キ)を衒(テラ)って、極めて類例の尠い名を附ける者もあるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「奇を衒う」の解説

奇(き)を衒(てら)・う

わざと普通と違っていることをして人の注意を引こうとする。「―・った表現
[補説]「奇を狙(ねら)う」とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android