コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇抜 キバツ

デジタル大辞泉の解説

き‐ばつ【奇抜】

[名・形動]
きわめて風変わりで、人の意表をつくこと。また、そのさま。「奇抜なデザインの服」「奇抜な着想」
ひときわ優れていること。また、そのさま。
「そが最も斬新―なる芸術を」〈荷風訳・珊瑚集〉
[派生]きばつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きばつ【奇抜】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思いもよらないほど変わっている・こと(さま)。 「 -なアイディア」
他に抜きんでてすぐれている・こと(さま)。 「いかに-なる天才でも/善の研究 幾多郎」 → 珍妙(補説欄)
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奇抜の関連キーワードビジュアルスキャンダルパブリシティ・スタントパンクファッションファンシードレス離れ業・離れ技振るっているアイディア奇知・奇智ファンシー人目を奪う形而上派詩人目を引く笑い出す奇想天外洒落風グラスサティ挙白集妖精石突飛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奇抜の関連情報