殊更(読み)ことさら

精選版 日本国語大辞典「殊更」の解説

こと‐さら【殊更】

[1] 〘名〙 (形動)
① 意図的にある動作をすること。わざとすること。また、そのさま。故意
万葉(8C後)一〇・二一〇七「事更(ことさら)に衣は摺らじ女郎花(をみなへし)咲き野のににほひて居らむ」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「(コトサ)らに二三度呼ばして返事にも勿躰(もったい)をつけ」
② 格別であること。とりわけはなはだしいさま。
源氏(1001‐14頃)乙女「その程、志の深さ浅さのおもむきをも見定めて、許すともことさらなるやうに、もてなしてこそあらめ」
[2] 〘
① わざと。わざわざ。故意に。
※源氏(1001‐14頃)若紫「ことさら幼く書きなし給へるも、いみじうをかしげなれば」
② とりわけ。中でも。格別。
※延慶本平家(1309‐10)二本「住吉大明神ぜさせおはしましけるとおぼしくて、殊更怖しく覚えし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「殊更」の解説

こと‐さら【殊更】

[名・形動]
考えがあってわざとすること。また、そのさま。故意。「殊更仕打ち」「殊更につらく当たる」
格別なさま。
衆議判の時、よろしき由沙汰ありて、後にも—に感じ仰せ下されける由」〈徒然・一四〉
[副]
わざわざ。「殊更行かなくても、ついでの時でよい」
特に際立って。とりわけ。格別。「今年の冬は殊更寒い」
[類語]1わざと故意作意作為意識的意図的計画的作為的未必の故意積極的能動的自発的わざわざ殊の外殊に好んでわざとらしいこと新しいあえてせっかくとりわけ奮って主体的意欲的精力的自主的活動的進取前向き強いてたって乗り気求めて進んで我勝ち我先我も我も喜んで喜ぶしゃかりきしゃにむにどしどしアクティブアグレッシブポジティブ2特に殊にとりわけ別段なかんずく特別殊の外ひときわ中でも分けても折り入ってわざわざせっかく格別格段特段特殊特異別にこれと言うスペシャル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android