奈良松荘(読み)なら しょうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良松荘 なら-しょうそう

1786-1862 江戸時代後期の国学者,儒者。
天明6年生まれ。備後(びんご)(広島県)の儒者菅茶山(かん-ちゃざん)らにまなぶ。尊王攘夷をとなえ,郷里讃岐(さぬき)(香川県)で国学と和歌をおしえた。文久2年1月28日死去。77歳。名は広葉(ひろのぶ)。字(あざな)は洗心法名は義立。別号に翠岸,泡斎。著作に「岸上楼雑記」「松荘吟稿」「古事記略伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android