奈良松荘(読み)なら しょうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良松荘 なら-しょうそう

1786-1862 江戸時代後期の国学者,儒者。
天明6年生まれ。備後(びんご)(広島県)の儒者菅茶山(かん-ちゃざん)らにまなぶ。尊王攘夷をとなえ,郷里讃岐(さぬき)(香川県)で国学と和歌をおしえた。文久2年1月28日死去。77歳。名は広葉(ひろのぶ)。字(あざな)は洗心法名は義立。別号に翠岸,泡斎。著作に「岸上楼雑記」「松荘吟稿」「古事記略伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android