コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈須恒昌 なす つねまさ

1件 の用語解説(奈須恒昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈須恒昌 なす-つねまさ

?-1679 江戸時代前期の医師。
曲直瀬道三(まなせ-どうさん)にまなぶ。寛永15年幕府の医官となる。万治(まんじ)2年法印にすすんだ。延宝7年2月27日死去。通称は久昌院。号は玄竹。著作に「医方聚要」「薬方彙纂(いさん)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奈須恒昌の関連キーワード安芸道受岡寿元岡本玄琳笠原重次曲直瀬玄淵曲直瀬正純曲直瀬正琳村田白庵曲直瀬正璆秦徳璘