コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈須泉石 なす せんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈須泉石 なす-せんせき

1648-1701 江戸時代前期の画家。
慶安元年生まれ。江戸で狩野安信(かのう-やすのぶ)にまなぶ。寛文8年からつかえた越前(えちぜん)福井藩主松平光通(みつみち)の命により,護摩(ごま)修行の油煙でつくった墨で毎年正月に鍾馗(しょうき)をかいた。元禄(げんろく)14年5月15日死去。54歳。山城(京都府)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奈須泉石の関連キーワード狩野泉碩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android