コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉天の会戦 ホウテンノカイセン

デジタル大辞泉の解説

ほうてん‐の‐かいせん〔‐クワイセン〕【奉天の会戦】

明治38年(1905)3月、日本軍とロシア軍が奉天で行った会戦日露戦争における最大規模の陸戦で、日本が勝利した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうてんのかいせん【奉天の会戦】

1905年(明治38)3月、奉天付近で行われた日露戦争中最大最後の陸戦。日本軍が辛勝した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

奉天の会戦の関連キーワードアレクセイ クロパトキン宇治田 虎之助市川 紀元二新井 亀太郎宇治田虎之助クロパトキンロシア革命市川紀元二新井亀太郎石橋 健蔵秋山好古隠岐重節山岡熊治島田一義田崎豊彦生井順造石橋健蔵吉岡友愛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android