コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奏瑞 ソウズイ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ずい【奏×瑞】

瑞祥(ずいしょう)の事を奏上すること。また、その役目の人。律令制では、瑞祥が出現するとその国から太政官に報告し、ただちに天皇へ、あるいは翌年の元日にまとめて奏上した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうずい【奏瑞】

諸国から瑞祥を奏上すること。特に、中古、元旦の朝賀の折、奏賀に続いて、諸国から白狐びやつこ・白雉はくちなどの瑞祥を奏上したこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

奏瑞の関連キーワード諸国朝賀

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android