奏瑞(読み)ソウズイ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ずい【奏×瑞】

瑞祥(ずいしょう)の事を奏上すること。また、その役目の人。律令制では、瑞祥が出現するとその国から太政官に報告し、ただちに天皇へ、あるいは翌年の元日にまとめて奏上した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうずい【奏瑞】

諸国から瑞祥を奏上すること。特に、中古、元旦の朝賀の折、奏賀に続いて、諸国から白狐びやつこ・白雉はくちなどの瑞祥を奏上したこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android