契約転換制度(読み)けいやくてんかんせいど

知恵蔵の解説

契約転換制度

いわゆる保険の下取り。契約中の保険の積み立て部分の評価をし、新しい契約に充当する方法。新しい保険の保険料は、転換時の年齢や保険料率によって算出するため、転換前に比べて上がる場合もある。転換制度を利用して契約募集を行う場合、あらかじめ定められた内容について記載された書面を交付しての説明と、書面受け取りの確認が必要。保険の加入契約も消費者契約法、及び金融商品販売法の対象。

(重川純子 埼玉大学助教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

契約転換制度の関連情報