奔注(読み)ホンチュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 勢いよく流れそそぐこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「水石相争ひ、終に一角を裂て、左右より環注し、窪処を得て又一峡を裂き、安湖に奔注し、此巨瀑をなせり」 〔鮑照‐還都道中詩〕
② 転じて、車や人などが一ケ所に集中すること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「車馬の喧闐なる、往来の混雑なる、到る処みな燥熱場をなしたれども、其主として奔注する所は、達迷斯(テームス)河港より、『ロンドン、シチー』にあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android