奥村円心(読み)おくむら えんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村円心 おくむら-えんしん

1843-1913 明治時代の僧。
天保(てんぽう)14年生まれ。奥村五百子(いおこ)の兄。真宗大谷派。明治10年朝鮮の釜山開港と同時に東本願寺釜山別院輪番となり,元山別院,仁川支院を開設。いったん帰国後,30年ふたたび朝鮮にわたり光州を中心に布教活動をおこなった。五百子とともに,学校の設立,殖産興業にもつくした。大正2年死去。71歳。肥前唐津(佐賀県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android