コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥瀬一学 おくせ いちがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥瀬一学 おくせ-いちがく

1790-1860 江戸時代後期の武士。
寛政2年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。天保(てんぽう)6年留守居組番頭格用人本役となるが,11年就任に反対していた津軽順承(ゆきつぐ)が藩主になり蟄居(ちっきょ)させられる。漢学にすぐれ,藩校稽古館でもおしえた。万延元年8月死去。71歳。本姓は鹿内。名は清簡。通称は和次郎。号は竜洲,鶴友。著作に「海備嚢(のう)」「雲竜問答」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奥瀬一学の関連キーワードゲーテ万延第二帝政ラトビアヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフネーミア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android