奥田三角(読み)おくだ さんかく

  • 奥田三角 おくだ-さんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1703-1783 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年生まれ。はじめ柴田蘋州(ひんしゅう)に,享保(きょうほう)6年京都にでて伊藤東涯(とうがい)に師事。16年伊勢(いせ)津藩にむかえられ,50年余にわたり4代の藩主につかえた。天明3年5月4日死去。81歳。伊勢出身。名は士亨。字(あざな)は嘉甫。通称は宗四郎,清十郎。別号に蘭汀,南山。著作に「三角亭集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android