コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥羽瓔珞貝 オウウヨウラクガイ

デジタル大辞泉の解説

おうう‐ようらくがい〔アウウヤウラクがひ〕【奥羽××珞貝】

アッキガイ科の巻き貝潮間帯の岩礫底(がんれきてい)にすむ。貝殻紡錘形で硬く、殻高約5センチ、殻表は淡褐色で、肩の部分がとげ状。肉食性で、カキなどに穴をあけて食害する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

奥羽瓔珞貝 (オウウヨウラクガイ)

学名:Ocenebra japonica
動物。アクキガイ科の巻き貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android