コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸奥将軍府 むつしょうぐんふ

百科事典マイペディアの解説

陸奥将軍府【むつしょうぐんふ】

建武新政府および南朝が設置した奥羽統治機関。ただし当時の正式機関名ではない。1333年陸奥守北畠顕家後醍醐天皇皇子義良(のりよし)親王を奉じ,陸奥国府宮城県多賀城市)を再興し統治府として体制を整備。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むつしょうぐんふ【陸奥将軍府】

建武政府および南朝が設置した奥羽統治の機関。ただし当時の正式機関名ではなく,近世の故実書《武家名目抄》などが使用した用語である。実体に即して4段階に把握できる。 第1段階は,建武政権下の陸奥国府である。1333年(元弘3)8月陸奥守に補任された北畠顕家が後醍醐天皇の皇子義良(のりよし)(翌年5月親王宣下)を奉戴し,北畠親房や一門の貴族に伴われ,旧幕府の官僚層や奥羽武士らを率いて多賀国府に着任し,体制を整備した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

陸奥将軍府の関連キーワード伊達行朝鎮守府出羽国多賀城岩切城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android