コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本礼三郎(読み)やまもと れいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本礼三郎 やまもと-れいざぶろう

1902-1964 昭和時代の映画俳優。
明治35年9月15日生まれ。山本芳翠の次男。マキノプロなどをへて昭和5年日活にはいり,「侍ニッポン」などで個性派ぶりを発揮。「人生劇場」の吉良常(きらつね)はあたり役。戦後は「酔いどれ天使」「あにいもうと」などに出演した。昭和39年9月11日死去。61歳。東京出身。本名は博吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山本礼三郎の言及

【日本映画】より

…第2次寛プロ1931‐37)(15)山口俊雄(1928‐28)(16)月形竜之介(1928‐29/1931‐32。奈良生駒山ろく)(17)谷崎十郎(1928‐28)(18)山本礼三郎(1928‐28)(19)市川百々之助(もものすけ)(1930‐30)(20)沢村宗之助(1932‐33)(21)入江たか子(1932‐37。京都双ヶ丘)(22)高田稔(1934‐36) 以上が戦前のスター・プロで,寿命の長短ははなはだしいが,日本映画の大きな側面を担い,なかでも片岡千恵蔵プロダクションは稲垣浩,伊丹万作,山中貞雄ら俊才の作品を数多く世に出して,一時代を画した。…

※「山本礼三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android