女山(おんなやま)大根

デジタル大辞泉プラスの解説

女山(おんなやま)大根

佐賀県多久市で生産されるダイコン。大きなものでは10kgを超える。葉と表皮が赤く、ポリフェノールを多く含有。甘みがあり、煮くずれしにくい。加熱すると赤色は消える。同市女山周辺で江戸時代から栽培されてきた在来種。一時は栽培が減り消滅しかけたが、1990年代より地域野菜として復興。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

女山大根[根菜・土物類]
おんなやまだいこん

九州・沖縄地方、佐賀県の地域ブランド。
主に多久市で生産されている。江戸時代から西多久の女山峠周辺で栽培されていたという。大型で甘みが強く、肉質も緻密であるため煮くずれしにくい。収穫は12月から4月。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android