女徳(読み)ジョトク

大辞林 第三版の解説

じょとく【女徳】

女性が本来もっている徳性。また、女性が身につけるべき徳。婦徳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょ‐とく ヂョ‥【女徳】

〘名〙
① 女性として行なうべき道。また、その道にかなった行為。婦徳。
※和俗童子訓(1710)五「をやのをしえなくてそだてぬる女は、礼義をしらず。女の道にうとく、女徳(トク)をつつしまず」 〔国語‐晉語〕
② 女性の性情。〔春秋左伝‐僖公二四年〕
③ 女色をいう。〔史記‐晉世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女徳の関連情報